福岡市の透析専門クリニック 患者さまの立場に立った、透析治療を心がけております。

サイトマップ アクセス HOME 大 中 標準 文字サイズの変更
重松クリニック クリニック概要 院長紹介 施設紹介 本館 別館 アクセス
ページの先頭へ
クリニック概要
重松クリニック
診療科目内  科 ・ 透 析 内 科
血管外科・循環器内科
リハビリテーション科
透析ベッド本館35床、別館50床
入院病床数19床
診療時間
  • 一般外来
  • 月~金  9:00~17:00
  • 土曜日  9:00~13:00
  • ※一般外来は再診のみ
  • 外来透析
  • 月~土  8:00~23:00
  • ※日曜のみ休診
住所
  • 〒814-0006
  • 福岡市早良区百道1丁目1-4
電話番号092-843-3800
FAX092-822-7802
院長/副院長 紹介
院長 重松勝
院長 重松勝

略歴

昭和43年九州大学医学部卒業
昭和44年三信会・原病院にて透析室開設
昭和50年重松クリニック開院 院長
昭和58年医療法人社団信愛会設立 理事長
平成04年信愛クリニック開院

専門

日本透析医学会 透析専門医

所属

日本透析医学会
日本内科学会
日本腎臓学会
日本人工臓器学会

院長あいさつ

重松クリニックは血液透析専門のクリニックです。

血液透析は昭和40年代から普及し、今や全国で30万人近くの人が透析を受けておられます。 近年は患者さんの高齢化と長期化のため、多くの合併症を持っている患者さんが増えてきました。

私どものクリニックも昭和50年に開業し、日本の透析治療とともに歩んでまいりました。 私たちの開業以来の目標は、患者さんに寄り添った医療です。 高度で安心の医療を提供することはもちろんですが、患者さんの生活を尊重し、医療人として如何に支えていくかを常に考えてまいりました。 そのために通院送迎の充実、ケア・プランセンターや特別養護老人ホームなど介護関連の施設も持っております。 もちろん合併症の早期発見や治療については、多くの関連病院の専門医との連携に努め、全人的医療の充実が私たちの理想です。

ハイテク、ハイタッチが重松クリニックのモットーです。

副院長 川崎勝己
副院長 川崎勝己

略歴

平成03年産業医科大学医学部卒業
平成03年国立福岡中央病院(外科)勤務
平成04年九州大学附属病院(第2外科)勤務
平成04年済生会唐津病院(外科)勤務
平成06年九州大学附属病院(第2外科)勤務
平成08年秋桜会・新中間病院(外科)勤務
平成10年福岡市立・福岡市民病院 第1外科医長
平成22年福岡市立病院機構・福岡市民病院 肝腎センター長
平成23年医療法人社団信愛会・重松クリニック 副院長

専門

日本外科学会 外科専門医
医学博士

所属

日本透析医学会
日本外科学会
日本血管外科学会
日本心臓血管外科学会
日本脈管学会

施設紹介
本館
玄関

本館入口

受付

受付

透析室

2階透析室(全35床)

外来診察室

外来診察室

病室

病室(19床)

CT室

手術室

別館
玄関

別館入口

シューズロッカー

個人用シューズロッカー完備

透析室

透析室(全50床)

待合ロビー

待合ロビー

ロッカールーム

個人用ロッカー完備

透析準備室

透析準備室

アクセス
医療法人 信愛会 重松クリニック

〒814-0006
福岡県福岡市早良区百道1丁目1番4号
TEL:092-843-3800

【西鉄バスでのアクセス】
西鉄バスで「高取」までお越しください。
西鉄バスの時刻表はこちら新しいウィンドウで開く

【福岡市営地下鉄でのアクセス】
福岡市営地下鉄で「藤崎駅」までお越しください。
地下鉄の時刻表はこちら新しいウィンドウで開く